自信にあふれる男性

EDになってしまうワケ

うまくいかない原因

ED=勃起不全とは、・ムラムラするのに勃起しない
・一度は勃起するけどすぐに戻ってしまう
・勃起が不十分で挿入できない

といった症状のこと。

性欲はたっぷりあるのにセックスができないとは、なんともひどい現象ですよね。
やりたいココロとは裏腹に、体が言うことを聞いてくれないのはどうしてでしょう。

そもそも勃起とは、

1、性的な興奮によって環状グアノシン一リン酸(サイクリックGMP)を分泌
2、海綿体への血流がアップすることで血管が拡張
3、筋肉組織が肥大化

という現象。
陰茎に向けていかにスムーズな血流を送ることができるか、がカギなのです。
血流を穏やかにして勃起を収めるのが酵素・PDE-5ですが、分泌のタイミングが早過ぎたり過剰に分泌されてしまうと、環状グアノシン一リン酸が分解されてしまって勃起には至りません。

以前ほど若くはないしストレスで疲れているし、うまくできない日もあるさ。
勃起不全なんて体調不良みたいなものだし、そのうちよくなるはず。
なんて考えるのはちょっと危険。
長引くと悪化してしまうことがあるので、ときどき中折れすることがあるという症状がまったく勃たなくなった、と変わっていく可能性だってあるのです。

EDかも?と思う人は、なるべく早く対処することが大切。
生活習慣を見直してみたり、病院で積極的な治療を行ってみたり。ほかの病気がひそんでいることも考えられるので、健康診断の結果にも注意が必要なんです。

パートナーとの良好な関係を続けて行くためにも、セックスは重要なコミュニケーション手段。
男らしさがみなぎる生活を取り戻すためには、積極的に自分の体と向き合いましょう。